築30年の一戸建ての固定資産税はいくら?1,000万の物件を試算

固定資産税はいくら?一戸建て・築30年の物件を試算

築30年の一戸建ての固定資産税は、安ければ4万円から5万円程度であり、高ければ9万円から10万円以上などです。

築30年の一戸建ての購入を希望する方へ向けて、その固定資産税がいくらかご紹介し、1,000万円と3,000万円の物件の税額をシミュレーションしてみましょう。

目次

1. 安ければ4~5万、高ければ9~10万以上

一戸建てを購入する際は固定資産税がいくらか気になりますが、冒頭でご紹介したとおり安ければ4万円から5万円程度、高い場合は9万円から10万円以上などです。

安ければ4万円から5万円、高ければ9万円から10万円以上というと開きがありますが、その築30年の一戸建ての販売価格と比例するとお考えください。

たとえば、その築30年の一戸建てが1,000万円以下などとお手頃価格である場合は、その固定資産税は4万円から5万円程度です。

500万円以下などで販売されている安価な田舎暮らし向け物件であれば、2万円から3万円などの場合もあります。

一方、その築30年の一戸建てが3,000万円などと高額な場合は、その固定資産税も9万円から10万円以上などと高額になります。

また、立地条件と敷地面積にも比例します。

例を挙げると、駅から徒歩30分以上などと立地条件が悪く敷地面積が10坪などと狭ければ、その固定資産税は高くとも4万円から5万円程度です。

一方、駅から徒歩5分などと立地条件が良く敷地面積が50坪以上などと広ければ、その固定資産税は10万円を大きく上回る場合もあります。

立地条件が良く敷地面積が広い不動産は高額で売買されますが、築30年の一戸建ての固定資産税も同じであり、立地条件が良く敷地面積が広ければ固定資産税も高くなりがちです。

反対に、立地条件が悪く敷地面積が狭い不動産は低額で売買されますが、築30年の一戸建ての固定資産税も同じであり、立地条件が悪く敷地面積が狭ければ固定資産税も安くなります。

築30年の一戸建ての固定資産税はいくら?

築30年の一戸建ての固定資産税は建物の傷み具合などで税額が増減することはなく、立地条件と敷地面積によって増減するため留意してください。

つづいて、1,000万円と3,000万円で販売されている築30年の一戸建ての固定資産税をシミュレーションしてみましょう。

▲ 目次に戻る

2. 税額のシミュレーション

築30年の一戸建ての固定資産税は販売価格と立地条件、敷地面積に比例し、安ければ4万円から5万円程度、高ければ9万円から10万円以上などです。

ここから、1,000万円と3,000万円で販売されている築30年の一戸建ての固定資産税をシミュレーションしてみましょう。

その前に、一戸建ての固定資産税を計算する方法を簡単にご説明します。

一戸建てを購入すると建物と土地を取得することとなり、その両方に固定資産税が課せられ、その合計額がその築30年の一戸建ての固定資産税額です。

築30年の一戸建ての固定資産税

築30年の一戸建ての建物にかかる固定資産税は、課税標準額に税率を掛け算しつつ計算し、具体的な計算式は以下のとおりです。

一戸建ての建物にかかる固定資産税を計算する式
課税標準額×税率=固定資産税

また、築30年の一戸建てが建つ土地にかかる固定資産税は、200㎡(約60坪)までの部分と200㎡を超える部分を計算する方法が異なり、以下のようになります。

一戸建てが建つ土地の200㎡までの部分にかかる固定資産税の計算式
課税標準額×6分の1×税率=固定資産税

一戸建てが建つ土地の200㎡を超える部分にかかる固定資産税の計算式
課税標準額×3分の1×税率=固定資産税

各計算式には「課税標準額」という言葉が含まれていますが、課税標準額とは主に固定資産税評価額であり、税率は市町村によって異なるものの概ね1.4%です。

固定資産税評価額とは、固定資産税を計算するために市町村が評価したその不動産の価額(価値から鑑みた価格)であり、売買価格より安くなるのが通例となっています。

なお、シミュレーションするのは、敷地面積が200㎡以下の土地に建てられた築30年の木造一戸建ての固定資産税であるため留意してください。

▲ 目次に戻る

2-1. 築30年で1,000万円の一戸建て

まずは、1,000万円で販売されている築30年で一戸建ての建物と土地の販売価格を区分けします。

築30年の建物は老朽化することにより価値が大きく低下していると考え、販売価格である1,000万円のうちの350万円が建物の価格、残りの650万円が土地の価格と仮定しつつ区分けしましょう。

つぎに、建物と土地の固定資産税評価額を計算し、その答えに固定資産税の税率である1.4%を掛け算しつつそれぞれの固定資産税を把握します。

販売価格が350万円である築30年の一戸建て木造家屋の固定資産税評価額は、概ね250万円程度です。

この250万円に固定資産税の税率である1.4%を掛け算した答えである35,000円が、その建物の固定資産税です。

土地の固定資産税評価額は販売価格の70%程度であり、販売価格が650万円である土地の固定資産税評価額は概ね455万円程度です。

この455万円の6分の1に固定資産税の税率である1.4%を掛け算した答えの10,617円が、その築30年の一戸建てが建つ土地の固定資産税です。

最後に、建物の固定資産税である35,000円と、土地の固定資産税である10,617円を合計します。

35,000円と10,617円の合計額は45,617円であり、その1,000万円で販売されている築30年の木造一戸建ての固定資産税は45,617円となります。

計算方法をまとめると以下のとおりです。

  • 1. 販売価格である1,000万円のうちの350万円が建物、650万円が土地の価格と仮定
  • 2. 350万円の建物の固定資産税評価額を250万円と仮定
  • 3. 250万円に税率の1.4%を掛け算した答えである35,000円が建物の固定資産税
  • 4. 650万円の土地の固定資産税評価額をその70%である455万円と仮定
  • 5. 455万円の6分の1に税率の1.4%を掛け算した答えである10,617円が土地の固定資産税
  • 6. 建物の固定資産税である35,000円と、土地の固定資産税である10,617円を合計した45,617円がその築30年の一戸建ての固定資産税

なお、その築30年の一戸建てが鉄筋コンクリート造の場合は、もう少し固定資産税が高くなるため留意してください。

鉄筋コンクリート造の建物は木造より劣化しにくいと見なされ、築30年であっても固定資産税がやや高くなります。

▲ 目次に戻る

2-2. 築30年で3,000万円の一戸建て

まずは、3,000万円で販売されている築30年で一戸建ての建物と土地の販売価格を区分けします。

3,000万円のうちの700万円が建物の価格、残りの2,300万円が土地の価格と仮定しつつ区分けしましょう。

つぎに、建物と土地の固定資産税評価額を計算し、その答えに固定資産税の税率である1.4%を掛け算しつつそれぞれの固定資産税を把握します。

販売価格が700万円である築30年の一戸建て木造家屋の固定資産税評価額は、概ね450万円程度です。

この450万円に固定資産税の税率である1.4%を掛け算した答えである63,000円程度が、その建物の固定資産税です。

土地の固定資産税評価額は販売価格の70%程度であり、販売価格が2,300万円の土地の固定資産税評価額は概ね1,610万円程度です。

この1,610万円の6分の1に固定資産税の税率である1.4%を掛け算した答えである37,567円が、その築30年の一戸建てが建つ土地の固定資産税です。

最後に、建物の固定資産税である63,000円と、土地の固定資産税である37,567円を合計します。

63,000円と37,567円の合計額は100,567円であり、その3,000万円で販売されている築30年の木造一戸建ての固定資産税は100,567円となります。

以上の計算をまとめると以下のとおりです。

  • 1. 販売価格である3,000万円のうちの700万円が建物、2,300万円が土地の価格と仮定
  • 2. 700万円の建物の固定資産税評価額を450万円と仮定
  • 3. 450万円に税率の1.4%を掛け算した答えである63,000円が建物の固定資産税
  • 4. 2,300万円の土地の固定資産税評価額をその70%である1,610万円と仮定
  • 5. 1,610万円の6分の1に税率の1.4%を掛け算した答えである37,567円が土地の固定資産税
  • 6. 建物の固定資産税である63,000円と、土地の固定資産税である37,567円を合計した100,567円がその築30年の一戸建ての固定資産税

なお、その築30年の一戸建てが鉄筋コンクリート造の場合は、もう少し固定資産税が高くなるため留意してください。

固定資産税は木造は安く、鉄筋コンクリート造は高くなります。

▲ 目次に戻る

まとめ - 正確な税額は不動産屋で確認できる

築30年の一戸建ての固定資産税がいくらになるかご紹介しました。

築30年の一戸建ての固定資産税は、安ければ4万円から5万円程度であり、高ければ9万円から10万円以上などです。

安ければ4万円から5万円、高ければ9万円から10万円以上というと開きがありますが、その築30年の一戸建てが1,000万円以下などとお手頃価格の場合は4万円から5万円程度とお考えください。

反対に、販売価格が3,000万円などと高額な場合は、9万円から10万円以上などとお考えになれば良いでしょう。

なお、この記事の「2. 税額のシミュレーション」にて1,000万円の物件の固定資産税を45,617円、3,000万円の物件の固定資産税を100,567円とシミュレーションしましたが、それらは概算であるため注意してください。

築30年の一戸建ての固定資産税は、その立地条件と敷地面積によって大きく増減するため、残念ながら日本全国各地で販売されている物件の固定資産税を正確にシミュレーションすることはできません。

販売されている築30年の一戸建ての正確な固定資産税は、その物件を取り扱う不動産業者にメールや電話で問い合わせることによりご確認いただけます。

ご紹介した内容が、築30年の一戸建ての固定資産税をお調べになる皆様に役立てば幸いです。失礼いたします。

記事公開日:2021年5月

▲ 目次に戻る

こちらの記事もオススメです