土地の固定資産税評価額を公示地価や基準地価から調べる方法

固定資産税評価額を知りたい。土地の評価額はどう調べる?

土地の固定資産税評価額は、公示地価や基準地価の70%程度です。

土地の固定資産税評価額を知りたいと希望する方へ向けて、公示地価や基準地価から調べる方法をご紹介しましょう。

なお、ご紹介する内容は宅地(建物を建てるための土地)の固定資産税評価額を調べる方法であり、林地などには該当しないためご注意ください。

目次

1. 土地の固定資産税評価額は公示地価の70%程度

冒頭でご紹介したとおり、土地の固定資産税評価額は公示地価や基準地価の70%程度です。

公示地価や基準地価とは、国土交通省や都道府県が公表する日本全国各地に点在する合計約4万7千ヵ所の土地の適正価格であり、詳細は以下のとおりとなっています。

公示地価
公示地価とは、毎年3月ごろに国土交通省が公表する日本全国各地に点在する約2万6千ヵ所の土地の1㎡あたりの適正価格です。

公示地価が公表される地点を標準地と呼びます。
基準地価
基準地価とは、毎年9月ごろに各都道府県が公表する日本全国各地に点在する約2万1千ヵ所の土地の1㎡あたりの標準価格です。

基準地価が公表される地点を基準地と呼び、基準地価の評価基準は公示地価とほぼ同じとなっています。

以上が公示地価と基準地価の詳細であり、土地の固定資産税評価額は、その土地の最寄りの標準地の公示地価、または基準地の基準地価の70%程度になるように設定されます。

たとえば、その土地の最寄りの標準地の公示地価が15万円であり、その土地の面積が100㎡(約30坪)の場合は「15万円×100㎡×70%=1,050万円」と計算し、その土地の固定資産税評価額は1,050万円になるといった具合です。

具体的には、以下のように計算します。

土地の固定資産税評価額
その土地の最寄りの標準地の公示地価、または最寄りの基準地の基準地価×その土地の面積(㎡単位)×70%=その土地の固定資産税評価額

よって、公示地価や基準地価から土地の固定資産税評価額を調べたいと希望する場合は、その土地の最寄りの基準地の公示地価、また標準地の基準地価を調べなければなりません。

つづいて、固定資産税評価額を調べたいと希望する土地の最寄りの基準地の公示地価、または基準地の基準地価をネットで調べる方法をご紹介しましょう。

▲ 目次に戻る

2. 公示地価と基準地価の調べ方

固定資産税評価額を調べたいと希望する土地の最寄りの基準地の公示地価や標準地の基準地価は、国土交通省のサイト「標準地・基準地検索システム」にて無料でお調べいただけます。

パソコンやスマートフォンを用いて「標準地・基準地検索システム」で日本全国各地の公示地価や基準地価を調べる方法をご紹介しましょう。

2-1. パソコンで調べる方法

標準地・基準地検索システム」をパソコンでご覧いただくと以下のように緑を基調とした日本地図が表示されます。

標準地・基準地検索システムをパソコンで見た様子

上記の日本地図から固定資産税評価額を調べたい土地が所在する都道府県をクリックすれば、以下のようにその都道府県の市区町村地図が表示されます。

標準地・基準地検索システムの市区町村地図のページの様子

上記の地図から固定資産税評価額を調べたい土地が所在する市区町村をクリックすれば、以下のような「検索条件指定」というページが表示されます。

標準地・基準地検索システムの検索条件指定のページの様子

上記の検索条件指定のページの「対象」の項目から「地価公示・都道府県地価調査の両方」にチェックを入れてください。

つぎに「用途区分」の項目から、固定資産税評価額を調べたいと希望する土地と同じ用途の土地にチェックを入れてください。

たとえば、固定資産税評価額を調べたいと希望する土地が住宅用地の場合は「住宅地」に、商業用地の場合は「商業地」にチェックを入れるといった具合です。

標準地・基準地検索システムの検索条件指定にチェックを入れた様子

チェックが入りましたら、下部にある検索ボタンを押してください。

検索ボタンを押せば、以下のようにその市区町村の標準地と基準地の一覧が表示されます。

標準地・基準地検索システムで標準地と基準地の一覧が表示された様子

上記の一覧の中から、固定資産税評価額をお調べになりたい土地の最寄りの標準地、または基準地をお探しください。

最寄りの標準地、または基準地が見つかれば、「価格(円/㎡)」という項目にご注目ください。

その金額が、その標準地の公示地価、または標準地の基準地価です。

標準地・基準地検索システムで公示地価や基準地価が表示されている箇所

先にご紹介しましたが、公示地価や基準地価は1㎡あたりの土地の価格であり、固定資産税評価額はその70%程度です。

よって、その公示地価や基準地価に固定資産税評価額をお調べになりたい土地の面積(㎡単位)を掛け算した答えの70%程度が、その土地の固定資産税評価額となります。

たとえば、最寄りの標準地の公示地価が20万円であり、固定資産税評価額を調べたいと希望する土地が150㎡(約45坪)場合は「20万円×150㎡×70%=2,100万円」と計算し、2,100万円が固定資産税評価額になるといった具合です。

▲ 目次に戻る

2-2. スマホで調べる方法

標準地・基準地検索システム」をスマホでご覧いただくと以下のように「検索地域選択」「検索条件選択」と記されたページが表示されます。

標準地・基準地検索システムをスマホで見た様子

上記の「検索地域選択」から、固定資産税評価額をお調べになりたい土地が所在する都道府県と市区町村をお選びください。

つぎに、「検索条件選択」の「対象」という項目にある「地価公示・都道府県地価調査の両方」にチェックを入れてください。

最後に、「検索条件選択」の「用途区分」の項目にあるチェックボックスに、固定資産税評価額をお調べになりたい土地と同じ用途の土地にチェックを入れてください。

たとえば、固定資産税評価額をお調べになりたい土地が宅地(住宅などの建物を建てるための土地)の場合は「住宅地」にチェックを入れるといった具合です。

各項目にチェックが入りましたら、画面の下部にある「検索」と書かれた箇所をタップします。

標準地・基準地検索システムでチェックボックスにチェックを入れた様子

タップすれば、以下のようにその地域の標準地と基準地の一覧が表示されるため、各標準地と基準地の「価格(円/㎡)」という箇所に注目してください。

標準地・基準地検索システムで公示地価や基準地価がスマホで表示されている様子

上記の各標準地と基準地の「価格(円/㎡)」という項目が、その標準地の公示地価、または基準地の基準地価です。

そして、標準地と基準地の一覧から固定資産税評価額をお調べになりたい土地の最寄りの標準地や基準地をお探しになり、その公示地価、または基準地価をご確認ください。

その公示地価や基準地価が、固定資産税評価額をお調べになりたい土地の最寄りの標準地の公示地価、または基準地の基準地価です。

先にご紹介したとおり公示地価や基準地価は1㎡あたりの価格であり、固定資産税評価額はその70%程度となります。

よって、公示地価や基準地価に固定資産税評価額をお調べになりたい土地の面積(㎡単位)を掛け算した答えの70%程度が、その土地の固定資産税評価額となります。

たとえば、固定資産税評価額をお調べになりたい土地の最寄りの基準地の公示地価が20万円であり、固定資産税評価額をお調べになりたい土地が100㎡の場合は「20万円×100㎡×70%=1,400万円」と計算し、その土地の固定資産税評価額は1,400万円です。

▲ 目次に戻る

まとめ - 固定資産税評価額が公示地価の70%程度の根拠

公示地価や基準地価から土地の固定資産税評価額を調べる方法をご紹介しました。

土地の固定資産税評価額は、最寄りの標準地の公示地価や基準地の基準地価の70%程度です。

よって、公示地価や基準地価から土地の固定資産税評価額を調べたいと希望する場合は、最寄りの標準地の公示地価、または基準地の基準地価を調べなくてはなりません。

日本全国各地に点在する標準地の公示地価や基準地の基準地価は、国土交通省のサイト「標準地・基準地検索システム」にて無料で調べることが可能です。

なお、土地の固定資産税評価額は公示地価の70%程度とご説明しましたが、その根拠は総務省が公開する資料「固定資産税の現状と課題」の11ページの記述「平成6年度以降、宅地については地価公示価格等の7割を目途として評価」にてご確認いただけます。

土地の固定資産税評価額は公示地価の70%程度

出典:総務省「固定資産税の現状と課題」の11ページ

地価公示価格とは公示地価であり、基準地価は公示地価と同じ基準で評価した土地の価格となっています。

よって、土地の固定資産税評価額は公示地価や基準地価の70%程度というわけです。

ご紹介した内容が、土地の固定資産税評価額をお調べになる皆様に役立てば幸いです。失礼いたします。

記事公開日:2021年5月

▲ 目次に戻る

こちらの記事もオススメです